えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

◆長生園不明金事件の真相を究明する会

西岡廣子さんは無実です 裁判のやり直しを求めています

      長生園三千万円不明金事件は、まだ終っていません

長生園宣伝1.gif

事件の経過

「長生園3000万円不明金事件」__今から14年前の1999年3月、京都府南丹市の「社会福祉法人長生園」(当時は船井郡園部町)で、ショートステイ利用者の利用料金が6年間に、588件約3000万円も不明になるという事件でした。
長生園は最初、当時の担当事務職員・西岡廣子さんに不明金の調査を指示しました。西岡さんは真相解明に向けて過去の書類の調査を行うとともに、幹部職員に対し警察に届けることを促しました。ところが長生園は西岡さんに対し4月10日、突然休職命令を出し自宅待機を命じました。西岡さんは、自宅待機以後も野中一二三理事長に面談して警察による捜査を要請、5月には京都府高齢者福祉課に監査を、園部警察署に対し捜査を要請、6月には労働基準監督署に相談、7月には長生園理事に要請文を送り真相解明を訴えました。
積極的に行動する西岡さんに対し長生園は、7月20日付で諭旨解雇を通告、8月9日には1993年以後、約3000万円を着服・横領したとして、園部警察署に告訴しました。警察は11月10日、1998年8月5日の1件98,880円横領の疑いで家宅捜査、任意同行、取り調べを経て同日西岡さんを逮捕しました。
警察での取り調べで西岡さんは、着服横領について「お金は取つていない」「身に覚えがない」と否認しているにもかかわらず「取つたとも取ってないとも言えない」などという供述を強要し、「夫の出自を長男の縁談相手に告げて破談にさせてやる」と脅迫したのです。園部署と京都拘置所での拘留は逮捕以来、第四回公判後の2000年3月16日まで実に128日間にも及びました。

裁判で争われたのはただの1件98,880円

2000年1月13日に開かれた第二回公判で、西岡さんは「一銭たりとも横領していない」と述べたのに対し、検察官は冒頭陳述で、西岡さんが「着服横領を繰り返し、約3000万円の不明金を発生させた」と主張しました。
しかし、その後の公判で弁護団の追及に対し証拠を示す事ができず主張を撤回、結局ただの1件98,880円を横領したとして起訴されたのです。
裁判の結果、残念ながら西岡さんの無実の主張は認められず、懲役1年、執行猶予4年の有罪判決が、8年前の2005年6月、最高裁で確定しました。私たちはこの「長生園不明金事件」には二つの重大な問題があると考えています。

裁判所は事実を誤認

2011年・茨城県布川事件の桜井昌司・杉山卓男さん(強盗殺人・無期懲役)が、2012年・東電女子社員殺人事件のネパール人ゴビンダさん(無期懲役)が、いずれも自由の強要や証拠隠しが明らかになり再審裁判の結果無罪が確定したことは記憶に新しいところです。

なくそうえん罪.gif

今回の判決では、犯行日時、場所が特定されず、犯行に至る動機も語られず、西岡さんが横領した直接の証拠も存在せず、長生園幹部職員や園部警察署・警察官が述べた証言をもとに裁判官が、推認に推認を重ねて有罪にしたもので、事件の本質は長生園・園部警察。検察庁が一体となつて仕組んだ謀略・冤罪事件に裁判所が加担したものです。
失」として会計処理してしまいました。

社会福祉法人長生園の態度は許せません

「長生園」は、3000万円着服横領犯人として西岡さんを解雇・告訴したのですから、裁判でそもそも問題にならなかつた2900万円余の不明金について、なぜそのような事態が起こったのか自ら明らかにする責任があるのではないでしょうか。ところが、裁判が終結するや否や「お詫びと報告」という一片の文書を出し、理事長の報Elll辞退と管理
職給与の一部カットだけで、責任を西岡さんに押し付け、不明金を「特別損失」として会計処理してしまいました。
 さらに野中一二三理事長は、2011年4月に作成した冊子の巻末に「私の人生で一番悲しく、情けなく感じることが一つ。長生園での不正事件、一人の女性が3000万円余りを不正に悪用した事、それも私の地元の女性職員であった。一定の判決があり、罪は対応されたが金銭は返りません」と述べ、今なお西岡さんが不明金の全額を横領したと言つているのです。私たちが京都府の情報公開条例に基づき、京都府が長
生園に交付している各種補助金の公開を求めたところ、保存期限である2002年から2007年度までの6年間で1億2000万円余に上ることが明らかになりました。京都府の助成も受けて運営してしている施設として許されることではありません` 私たち「長生園不明金事件の真相を究明する会」は、西岡廣子さんの名誉を回復し無念を晴らすため、新たな証拠・証人を掘り起こし、再審請求。再審裁判を実現するために、引き続き運動を進めていく決意です。

     ●新たな証拠・証人を捜しています。事件に関する情報をお寄せ下さい。
     ●「長生園不明金事件の真相を究明する会」にお入り<ださい。(年会費1□ 1000円)
     ●地元南丹市での宣伝行動、弁護士との協議などをすすめ、再審請求めざす取組みを
     強めています。私たちの運動にご理解とご協力をお願いします。


ロゴ.gif

連絡先  〒622-0015 南丹市園部町木崎町上ヲサ29-3  船井地区労働組合協議会気付
               電話 0771-62-1611
入会申込書  詳細はこちら~file長生園事件リーフ改訂版

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional