えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

再審えん罪事件全国連絡会 第20回総会記念講演

file第20回総会記念講演のチラシ

講演 再審裁判のたたかいの課題と展望   弁護士:岡部保男

image.gif

 11月23日、第20回再審えん罪事件全国連絡会の総会記念講演が平和と労働センターで行われました。えん罪事件がなぜ生み出され続けるのか、日本の民主主義制度における、様々な監視・監督機関がほとんど機能していない状況、警察・検察・裁判所における誤判に対するチェック機能を果たすべきマスコミへの厳しい批判がなされました。これをただすのは世論の力を背景にした大衆的な運動が重要であること、真実・正義、これを裏付ける証拠に基づいて理解者を広く組織し、世論が常識となるまでねばり強く宣伝することがポイントであることを強調されました。
以下、詳しいレジュメをPDFファイルで掲載しますので、興味ある方はご覧下さい。参考文献等についても掲載されております。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional