えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

再審に追い風 大助さんに激励を

再審に追い風

大助さんに激励を

守大助さんを支援する徳島の会
                            

「守大助さんを支援する徳島の会」は2月6日、徳島市で第5回総会を開催し、会員48人が参加しました。
 佐藤典子会長は開会あいさつで「昨年は足利事件、布川事件が再審開始になり、再審運動に追い風が吹き始めてきました。全国各地に支援する会を増やし、国民に真実を知らせる運動を強めましょう」と呼びかけました。
 また、千葉刑務所の大助さんから届いた「徳島からの面会、激励の手紙や年賀状に励まされている。辛さ、苦しさに負けず、勝って皆さんと笑いたい」とのメッセージも紹介されました。

 記念講演では、林伸豪弁護士が「徳島ラジオ商事件の弁護団活動を振り返って」と題して、冤罪が作られる背景を指摘しました。会場には、大助さんの写真、激励の絵手紙などが掲示され、たくさんの方からカンパも寄せられました。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional