えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

再審へ展望ある一歩



画像の説明

毒物鑑定、審理不十分

たたかいの場は名古屋高裁へ

 1961年、ぶどう酒に農薬を入れて女性5人を殺したとして、殺人罪などで奥西勝さんが死刑判決を受けていた三重・名張毒ぶどう酒事件で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)4月5日付で、再審(裁判のやり直し)決定を退けた名古屋高裁決定を取り消して、審理を再び同高裁へ差し戻す決定を出しました。最高裁は、犯行に使われた毒物の鑑定について、審理が不十分と判断。早期の再審確定をもとめて、名古屋高裁に要請を集中しましょう。(4/25救援新聞より)

再審へ展望ある一歩.png

「主文 原判決を取り消す。本件を名古屋高等裁判所に差し戻す」決定は裁判官全員の意見でした。

著しく正義に反すると判断

 名張事件は再審をめぐり05年に名古屋高裁刑事一部で、再審開始決定が出されました。しかし、検察の不服申し立てを受けた同高裁の刑事二部が、06年に再審を取り消す決定を出し、弁護団が不服を申し立て、最高裁でたたかわれていました。
 奥西さんが犯人とされた根拠のひとつが、犯行に使われた毒物は、奥西さんが所持していた農薬・ニッカリンTであるという事件当時の鑑定です。毒物がニッカリンTでなければ、奥西さんの自白が虚偽のものであることが証明できます。
そこで弁護団が新たに鑑定をおこなったところ、当時の鑑定には、ニッカリンTならば必ず検出されるはずの成分が検出されていないことを突き止めました。使われた毒物は別のものであることがわかり、再審決定につなげました。

 しかし、再審を取り消した高裁決定は、毒物がぶどう酒で薄められたため、成分の一部が検出できなくてもおかしくないと、根拠のない推論で再審の扉を閉ざしました。最高裁は、この高裁の判断を「科学的知見に基づく検討をしたとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある」と指摘。農薬の問題について「審理が尽くされておらず、原決定を取り消さなければ、著しく正義に反する」と述べて、名古屋高裁で審理を尽くすよう命じました。

奥西勝さんを取りもどそう

 国民救援会は、「奥西勝さんの、まさに生涯をかけた願いの実現に向けて新たな展望ある第一歩が踏み出された」「奥西さんを社会にとりもどすために全力を挙げる」と声明を発表しています。

 ◆声明全文 名張毒ぶどう酒事件第7次再審最高裁決定について(国民救援会の声明)


早期再審と奥西さんの釈放を


国民救援会、名張ネットが検察庁要請

 決定により、奥西さんは「再審開始・死刑執行停止」の立場になりました。40年以上拘禁され、84歳となった奥西さんの苦悩を考えれば、一刻も早い釈放が必要です。国民救援会は、名張事件全国ネットワークと各地の守る会と共同で、7日に名古屋高検へ、8日に最高検へ緊急に要請行動をおこないました。
 要請では、足利事件で検察官が職権で菅家さんを釈放したように、奥西さんをただちに釈放するよう要求したほか、異議申し立てを取り下げて早期に再審を確定させ、隠している証拠を開示し、無辜を処罰することなく検察官の職責をまっとうするよう求めました。
 参加者は、「最高裁が検察の立証は全くなっていないと言っている。ただちに異議申し立てを取り下げなさい」「国際人権規約委員会から勧告を受けているのを知っているのか」などと述べて検察の姿勢を正しました。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional