えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

再審・えん罪事件全国連絡会第27回総会のご案内

2018年10月31日

加盟支援組織 御中
                   再審・えん罪事件全国連絡会事務局
                   〒113-8463
                   東京都文京区湯島2-4-4平和と労働センター
                   TEL03(5842)5842国民救援会気付

再審・えん罪事件全国連絡会第27回総会のご案内

 無実の人を救うための日頃の活動に敬意を表します。
昨年の総会以降、今年3月の鹿児島・大崎事件の福岡高裁宮崎支部での3度目の再審開始決定に続き、7月に大津地裁で滋賀の日野町事件が再審開始決定を勝ちとりました。そして、10月10日には最高裁第1小法廷が熊本・松橋事件で検察の特別抗告を棄却し、再審開始決定が確定しました。このようにこの1年間で大きな成果を勝ちとることが出来ました。
一方、今年6月から、東京高裁で静岡・袴田事件の再審開始決定が取り消され、三重・名張毒ぶどう酒事件の第10次再審請求審では、名古屋高裁が一切の事実調べもせず、三者協議にさえ応じない不当な訴訟指揮が続いています。
いま、最高裁には当連絡会に加盟する滋賀・湖東記念病院人工呼吸器、鹿児島・大崎、宮城・北陵クリニック、静岡・袴田、栃木・今市事件の5事件が最高裁に係属して、たたかっています。それだけに、これら最高裁係属冤罪5事件で勝利を勝ちとることは、世論を動かし、全国の裁判官にも大きな影響を与えます。それは、すべての冤罪・再審事件の運動を前進させるうえで大きな力になります。つきましては、総会を前後して12日は国会を中心に冤罪根絶一日行動をとりくみ、総会後は最高裁に5事件の勝利をめざして要請行動を行います。
相次ぎ再審無罪、再審開始決定を勝ちとるなかで、私たちが求めている再審事件についての全面証拠開示と再審開始決定に対する検察の不服申立て(上訴)の禁止も多くの共感を広げて、マスコミ各社でも社説で再審法の改正を求めるようになり、世論も大きく変わりつつあります。
本総会は、今日の再審・えん罪事件の歴史的な課題を担って開催されます。ぜひ、多くの加盟支援団団体からのご参加をよろしくお願いします。

【再審・えん罪事件全国連絡会第27回総会】
 日時  12月13日(木)9時~14時
 会場  衆議院第2議員会館地下1階 第7会議室
     〒100-8982 東京都千代田区永田町 2-1-2
          当日の連絡は090-2428-9153(瑞慶覧(ずけらん)まで)
 *12日の国会院内集会後、国会近くの会場で交流会を開催します。準備の関係もありますので、別紙参加申込用紙にて参加申し込みをお願います。
 *宿泊施設は各自で手配をお願いします。早めの予約をお願いします。
 *各事件のこの1年間の活動報告や今後の活動方針を1600字程度、A4版1枚で11月30日までにご報告をお願いします。別紙の次期運営委員の推薦もお願いします。

 ※ 参加申込書...file申込書
 ※ 運営委員推薦のお願い...file推薦

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional