えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

再審・えん罪事件全国連絡会第21回総会のご案内

再審・えん罪事件全国連絡会第21回総会のご案内    

 無実の人を救うための日頃の活動に敬意を表します。
 さて、全国連絡会の第21回総会を下記の日程で開催いたします。この間、足利、布川事件の再審無罪確定をはじめ、福井女子中学生殺人事件、東住吉冤罪事件、東電OL殺人事件が相次いで再審開始など大きな前進を勝ち取ってきました。
 一方、名張毒ぶどう酒事件では2012年5月、名古屋高裁が、裁判官の勝手な推論で再審開始決定を取り消す不当決定を出しました。名張事件の差し戻し異議審決定は、死刑再審事件に対する裁判所の壁の厚さと重さをあらためて示しました。
 つきましては、再審・冤罪事件をめぐる情勢論議を深め、再審無罪の流れをさらに大きくし、引き続き加盟事件の無罪判決を勝ち取るために、この間の運動を総括し、新たな方針と役員体制を強化するために下記のとおり第21回総会を開催します。
 総会では、水谷規男・大阪大学法科大学院教授に記念講演をお願いしました。水谷先生は、名張毒ぶどう酒事件をはじめ再審問題について数多くの論文を発表するとともに、再審請求事件の弁護団への協力、そして支援活動にもご協力をされています。最近では、東住吉冤罪事件で「刑の執行停止」問題について、最高裁へ意見書を提出していただきました。水谷先生には、最近の再審無罪、再審開始等の動きの一方で名張毒ぶどう酒事件の名古屋高裁の再審開始決定取り消し決定などをどう見るのかなど、現状と今後の運動の課題について記念講演をお願いしています。
 各加盟支援組織をはじめ関係者の積極的なご参加をお願いします。(宿泊施設は各自で手配をお願いします。手配が難しいかたは、お早めに事務局にご相談ください。)
 なお、当日総会前に、新たに加盟申請のあった支援組織の承認などについて、運営委員会を開催しますので、運営委員のみなさんは午後1時までにご来場をお願い申し上げます。

【再審・えん罪事件全国連絡会第21回総会】

日時  【1日目】12月1日(土)午後2時~午後5時(記念講演、事件報告)
     記念講演 「再審事件の新たな動きと今後の課題」(仮題)
     講  師  水谷規男・大阪大学法科大学院教授
    【2日目】12月2日(日)午前9時~正午まで(活動方針の討議、採決)

会場  国労大阪会館会議室  JR天満駅下車・徒歩5分
    〒534-0034 大阪市北区錦町2-2 電話06(6354)0661

*なお、総会前に同じ会場で午後1時より運営委員会を開催しますので、運営委員の参加をお願いします。

*懇親会終了後に同会場で懇親会を行います。(会費は3,000円)

*申し込みは→file申し込み用紙と地図

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional