えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

再審開始を目指す学習集会の報告

世論の力で再審をみだし.gif

 獄中で84歳になった名張毒ぶどう酒事件の無実の死刑囚・奥西勝さんの再審を勝ち取ろうと、2月14日、東京・平和と労働センターで「再審をめざす学習集会」開かれ、北海道から九州まで約100人の支援者が参加し、決意を固め合いました(救援新聞2月25日号より)

講師.gif

 名張事件のたたかいは、重要な局面にきています。1月29日に弁護団が10通目となる特別抗告申立補充書を提出。さらに4月と6月に審理をしている第3小法廷の2人の裁判官が定年退官を迎え、いつ決定が出てもおかしくない状況です。
 集会では、検察が10月にて移出した答弁書に対して反論した先の補充書の内容について弁護団の伊藤和子弁護士を講師に学習会を深めました。
 弁護団は、犯行に使われた毒物(農薬)が「自白」どおりの「ニッカリンT」ならば、当然検出されるはずの成分(トリエチルピロホスフェート)が検出されていないことから、犯行に使われた毒物は別のものであり、奥西さんの「自白」が警察官の誘導によって作られた虚偽のものであると主張。検察官は、新たに、発色しにくい成分だから検出されなかったなどと反論しました。これに対し弁護団は補充書で、根拠となった学者の回答書の矛盾を指摘。非科学的な検察のこじつけを論破したと報告されました。最後に伊藤弁護士は、「勝つためには世論を動かすことが必要で、みなさんの力にかかっている」と参加者を激励しました。
 また、足利事件の菅家利和さん、布川事件の杉山卓男さんが、警察の取調べの経験を話し、巧みな手口でウソの「自白」が作り上げられる実態が明きらかになりました。

画像の説明

 全国で運動をすすめている支援者からも積極的な発言がありました。事件現場の名張市に隣接する奈良では、奥西さんは犯人ではないという認識が広がっているという報告がありました。愛知では、毎回の誕生日宣伝をはじめとする取り組みが市民の中で大きな話題を読んでいるという報告があり、行動するほどに参加者が増えている状況を作っていることが伝えられました。東京では、毎月都内の駅頭で宣伝をしています。ティッシュに入れてある署名ハガキが記名されて送り返されてくるなど、着実に支持が広がっていると報告されました。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional