えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

名張事件 再審の決定日が5/25に!

画像の説明

 奥西勝さんが51年間無実を訴え続けている三重・名張毒ぶどう酒事件の再審の可否についての決定が5月25日午前10時、名古屋高裁刑事2部で出されることが決まりました。
 名張事件は一審無罪、しかし二審で死刑判決が出され、最高裁で確定。奥西さんは誤った裁判のやり直しを求め、再審を請求。2005年、7度目の再審請求で名古屋高裁刑事1部が、毒物は有罪判決が認定したもの(農薬・ニッカリンT)と違うとして再審開始の刑の執行停止決定を行いました。
 しかし、検察の異議申立てを受けた同高裁刑事2部は「自白」を重視し開始決定を取り消しました。これに対し最高裁は、毒物鑑定についての「科学的知見に基づき検討したとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがある」とし、再審を取り消した異議審決定を取り消し、審理を名古屋高裁刑事2部に差し戻しました。そして差戻し審で鑑定が実施され、毒物がニッカリンTではないことがあらためて証明されました。
 全国連絡会は、名張事件全国ネットや各地の「守る会」、国民救援会とともに、「奥西さんは無実。直ちに再審開始決定と奥西さんの釈放を」と、10万を越える署名を裁判所に届けてきました。

【5月25日の決定日の予定】

 9:30には名古屋高裁前に集合してください。当日の計画はあくまで現在の案ですので、変更の可能性があることを前提としてください。
  ●9:30 事前集会
 弁護団送り出し
  ●10:05 裁判所前集会
  ●10:45ごろ
 裁判所または検察庁への要請行動
  ●12:00 記者会見(弁護士会館5階)
  ●13:15頃 支援者集会(同会場)
  ●14:30 宣伝行動栄交差点
 決定が出されたら、検察に対し「特別抗告するな」の要請

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional