えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

名張毒ぶどう酒事件 獄中で人生絶たせるな

名張毒ぶどう酒事件

救援新聞2010年9月15日号より



画像の説明

名古屋高裁-農薬再鑑定の意向.....「目的明確でない」弁護団は反対

 名古屋地裁に差し戻された名張毒ぶどう酒事件で、審理の進め方を話し合う3者協議(弁護団、検査値、裁判所)が8月30日おこなわれ、名古屋高裁(下山保男裁判長)は、奥西勝さんが犯行に使用したとされた農薬「ニッカリンT」を再製造し、新たに鑑定をやり直す意向を示しました。弁護団は、近く検察が提出する意見書に反論する予定です。この問題について、特別面会人の国民救援会中央本部稲生昌三副会長に話を聞きました。

 名張事件の再審開始をめぐって最高裁は4月に再審開始を取り消した決定を破棄し、審理を差し戻す決定をおこない、現在名古屋高裁で3者協議が続けられています。2回目の協議となる8月30日、名古屋高裁は、毒物が混入された飲み残しのぶどう酒を再現して、あらためて鑑定をする意向を明らかにしました。その上で、当時と近い条件で実験するために、必要な具体的な条件を9月13日までに提示するよう検察に求めました。その後弁護団が意見を提出することになっています。
 しかし、実験の目的は明らかになっておらず、4月の最高裁決定が示した実験の範囲から逸脱しています。また、実験の結果を受けて検察が新たな論点を持ち出して審理を長引かせる恐れがあります。

決定に反する無目的の実験

 差戻し審で求められる実験については、最高裁が明確にその対象を限定しています。奥西さんは、警察の取り調べの際、「ニッカリンTをぶどう酒に入れた」とウソの自白をさせられました。しかし、事件直後の鑑定では、ニッカリンTであれば含まれているはずの成分のひとつが検出されませんでした。

 最高裁の再審を取り消した決定について、科学的知見に基づく検討をしたとはいえず、推論過程に誤りがある疑いがあり、事実は解明されていないと認定しました。そのうえで、この問題が再審開始に影響を及ぼすことは明らかで、再審決定を取り消した判断は誤りだと指摘しました。
 ニッカリンTの成分が検出されなかった原因は、ぶどう酒にニッカリンTが含まれていなかったからなのか、濃度が低く発色反応が弱いからなのか――最高裁は、当時と近い条件で実験するなどして、審理を尽くす必要があるとして審理を差戻しました。最高裁が求めている実験は、この点を明らかにするための実験です。

検察の主張はすでに決着済

 5月におこなわれた初めての3者協議で検察は、発色の問題については主張しないと名言。意見書でも、「従来の主張はおこなわない」と述べています。こうなると、「濃度が低かった、発色反応が非常に弱い」という検察の主張はすでに決着がつき、実験で証明する必要はなくなったといえます。
 そうであれば、最高裁で生じた疑問はすでに解消されており、名古屋高裁はただちに検察官の申し立てを棄却し、再審を確定すべきです。

 差戻し審において検察は、「検出されなかった成分は弁護側が主張する成分とは別のものの可能性がある」という新たな論点を持ち出し、実験をおこなうことを主張しました。これはいたずらに審議を引き伸ばし、あれが駄目ならこれを主張する、見苦しい「証拠漁り」行為です。
 目的が定まらない再実験を行い、際限のない化学論争が延々と続けば、84歳となる奥西さんの人生が獄中で終わることになりかねません。
 9月10日は、一審の無罪判決を破棄し、名古屋高裁が奥西さんに死刑判決を言い渡して41年の日にあたります。この日、名古屋高裁を人の輪で取り囲む「人間の鎖集中行動」を予定しています。真実と道理にたつ世論で裁判所を包囲します。


「奥西さんの釈放を」

名古屋高裁・高検へ関西ブロック要請

 8月24日、関西ブロックを中心に名張毒ぶどう酒事件の要請行動がおこなわれ、大阪、兵庫、滋賀、奈良、京都などから20名が参加しました。

 はじめに訪れた名古屋高裁では、参加者が「検察官のこれ以上の引き伸ばしに応じるな」「奥西さんはもう84歳、ただちに再審を」などと口々に要請をおこないました。書記官ら2名が対応し、「要請のあったことや内容について、裁判官にお伝えします」と返答しました。

 続く名古屋高検への要請行動では、刑事事務課長、公安事務課長、公安係長の3名対応。参加者は、「次から次へと主張を変える検察官のやり方は正義に反する」「はっきり負けを認めて、異議申し立てを取り下げ、奥西さんを釈放せよ」などと訴えました。検察官が最高裁での主張を留保し、ニッカリンTなどを再製造しておこなう実験で新たな主張を展開しようとしていることへの批判が相次ぎ、社会正義を実現する検察官としての職責を全うして欲しいと強く要請しました。

 10月22日は関東ブロックの要請行動がおこなわれます。(愛媛県版再審開始をめざすニュースより)

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional