えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

大崎事件 決定近い 支援の集中を!

この記事は救援新聞2014年6月5日号からの抜粋です。著作権は国民救援会にあります

鹿児島・大崎事件

決定近い 支援の集中を!

鑑定人尋問で無実いっそう明らか

無実の原口さんに再審開始決定を

 福岡高裁宮崎支部でおこなわれていた大崎事件第2次再審請求即時抗告審。弁護団の奮闘により、鑑定人尋問で原口アヤ子さんの無実がいっそう明確なものになりました。
 この6月にも高裁の判断が出される可能性があります。弁護団の鴨志田裕美弁護士に、この間の裁判の動き、即時抗告審で明らかとなったことについて、寄稿していただきました(救援新聞2014年6月5日号より)

請求棄却決定 ずさんな内容

 2013年3月6日、鹿児島地裁は、証拠開示に向けた訴訟指揮も、新証拠である法医学鑑定書、供述心理学鑑定書を作成した鑑定人への尋問もおこなわないまま、原口アヤ子さんの再審請求を棄却しました。
 たった29頁の決定書は、あまりにずさんな内容で、反論の材料には事欠かなかったため、帰って闘志が湧いた私たちは、5日間で107頁の即時抗告所をまとめ、3月11日に福岡高裁宮崎支部に即時抗告の申し立てをおこないました。
 それからわずか2ヶ月後の5月27日に設定された裁判官、弁護人、検察官の3者による第1回進行協議期日で、弁護人はリストも含む証拠開示と、鑑定人の尋問、そしてアヤ子さん本人の意見陳述を求めました。原田保孝裁判長は、その場でアヤ子さんの意見陳述の実施を決め、検察官の意見書の提出期限を設定し、「証拠開示については近いうちに判断する」と回答しました。
 その言葉どおり、裁判書は7月18日、証拠開示勧告を出しました。私たちが求めていた第1次再審段階で検察官が収集した証拠について作成されたリスト開示を勧告し、さらに、これまで開示されていない客観証拠や初期供述調書については、「存否を調査し、リストを作成して弁護人に開示せよ」と勧告したのです。
 8月に入ると、裁判書は、法医学者と心理学者の鑑定人尋問を採用すると伝えてきました。このスピーディーな展開は、それを望んでいた私たちでさえ驚きでした。

隠された証拠 213点にも及ぶ

 一方、検察官は、裁判所の証拠開示勧告には素直に応じず、自分たちが「開示しても弊害がない」と考える証拠を、「個別に」「裁判書に」開示するという対応を取りました。それでも、五月雨的に開示された証拠は200点を超えました。
 これまで捜査側は「開示すべき証拠はもうない」と言っていたのに、34年の時を経て初めて私たちが目にすることとなった証拠がこんなにあったのです。これらの開示証拠から、初期捜査の段階で毛髪や足跡を採取していたこと、共犯者とされた男性の自白の直前にポリグラフ検査が行われていたこと、その「共犯者」たちが任意の事情聴取の段階で、のちの自白とは大きく異なる内容の自白をしていたことがわかりました。
 証拠リストについては、最終的に検察官が作成していたリストが「裁判所限り」という形で開示され、そこからもう1点の証拠開示に結びつきました。
 結局、即時抗告審で開示された証拠は213点に上ったのです。

「自白」のウソ 尋問で明確に

 10月3日には法医学者の上野正彦氏、11月14日には心理学者の高木光太郎教授と大橋靖史教授への鑑定人尋問が実施されました。
 上野氏への尋問では、被害者の遺体に、絞殺であれば内部所見として残るはずの咽喉頭部のうっ血・出血が認められず、遺体の状況が「タオルによる絞殺」という自白による犯行態様と矛盾することがいっそう明確になりました。
 わが国の再審史上初となる心理学者への鑑定人尋問では、まず高木教授が、「共犯者」とされた者たちの自白には、例えば、複数のものが被害者を殺害するのに、どのような役割分担をするのかなど、お互いの行為を調整するための最低限のコミュニケーションが欠落するという特徴が繰り返し見られ、これは体験に基づかない供述である可能性が高いことを分かりやすく証言しました。
 次に大橋教授が、新たに開示されたポリグラフ関係の証拠を分析した結果として、本件ではきわめて不適切な方法でポリグラフ検査がおこなわれ、これが自白強要につながった可能性が高いことを証言しました。
 以上の開示証拠や鑑定人の証言によって、弁護人が提出した新証拠が「共犯者」とされた者たちの、犯行についての自白の信用性を著しく減殺すること、開示された証拠も含めて新旧証拠を総合評価すると、有罪判決には合理的疑いが生じることがますます確実なものとなりました。
 私たちは2014年3月14日付で500頁に及ぶ最終意見書を提出しました。検察官も3月31日に最終意見書を提出し、双方が4月にもそれぞれ補充的な意見書を提出して、即時抗告審の審理はほぼ終了しました。
 あとは決定を待つばかりです。即時抗告審裁判所には、適切な訴訟指揮で明らかとなった新証拠の価値を正しく見極め、これに開示証拠を加えた適切な総合評価をおこなって、「破棄差戻し」ではなく、是非とも自ら開始決定を出してほしいと期待しています。
 再審無罪によってアヤ子さんが「生き返る」その日まで、どうかご支援をよろしくお願いいたします。

署名と要請はがきを

鹿児島・大崎事件の再審めざす会 副会長・野村昭也
宮崎・大崎事件・原口アヤ子さんを守る会 会長・渡辺勝心
生き返りたい.png

 いつもご支援ありがとうございます。大崎事件は、物的証拠は何もない。知的障がい者3人への「なたがまをかますような」(鉈鎌をぶちかます)取調による自白だけが有罪の証拠です。
 今、福岡高裁宮崎支部で審理しています。福岡高裁宮崎支部は、鑑定人尋問を実施しました。
 法医学者の上野正彦鑑定人は、原判決の根拠とされた「タオルによる絞殺」はありえないと科学的に否定しました。3人の自白についても、体験したことではないと2名の心理学者により明確に判定されました。
 これらの結果を受けて、この6月には高裁の判断が示されると思われます。34年間、「あたいはやっちょらん」と、一貫して無罪を叫び続けている原口アヤ子さんの真実を明かすときが迫っています。あと一歩です。
 宮崎では、毎週昼休み宣伝行動、月1回裁判所要請をおこない世論を広げてきました。全国の皆さん、再審開始を求める署名、要請はがき運動に是非ご協力をお願いします。

(署名送付先・はがき問合わせ先)
 〒880-0023 宮崎市和知川原3-97
       国民救援会宮崎県本部

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional