えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

奥西さんからのコメントが届く

画像の説明

【奥西勝さんの健康状態】

 奥西勝さんは、半年前から食事が細くなり、拘置所にも十分配慮するように申し入れてきました。5月9日、稲生副会長が面会した際に、奥西さんは朝から体のだるさを訴え、診断の結果、軽い肺炎を起こしていることがわかりました。翌10日には、鈴木泉弁護団長と稲生副会長が名古屋拘置所に対して、万全の医療体制を尽くすように強く要請しました。
 現在、奥西さんは、朝晩には点滴を受けていますが、食事も自分でとれるまでに回復に向かいつつあります。そして、面会にも出てくるようになりました。そして、昨日添付されてコメントを稲生さんに託されました。
 しかし、奥西勝さんは86歳の高齢です。いつ健康がどうなるかわかりません。コメントにもあるように、奥西勝さんは本当に最後の気力を振り絞って、5月25日には良い決定を奥西さんは獄中から待ちの望んでいます。奥西さんの命をかけて必死の願いを実現させるためにも、「無実の人々を救う!全国いっせい宣伝行動」を全国で成功させましょう。そして、5月25日には再審開始決定と奥西さんの釈放を勝ち取るために全国の力を集中しましょう。

奥西勝さんのコメント

(5月11日、特別面会人・稲生さんからの報告)

「いよいよ決定の告知。7年前の再審開始と刑の執行停止決定はうれしかった。1年半後の取り消し決定は悔しかった。今度こそ、今度こそ、良い決定を信じて待っています。冤罪の汚名を晴らして、家族みんなと会いたい、そして長くない余生をゆっくり暮らしたいと思います。
弁護団は、無実の主張を重ねてくださりました。支援者のみなさんは再審開始と釈放を求める10万署名、8千枚を超えるハガキを裁判所にとどけてくれました。本当に感謝しています。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
私も86歳になり、体の具合も色々とあり、最後の気力をふりしぼって無実・無罪にむけてがんばります。みなさんのご支援をお願いします。」

2012年5月11日
                         無実の死刑囚・奥西勝(86歳)

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional