えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

奥西さんの救出急げ!

画像の説明

名張事件  愛知、東京で緊急集会

 4月5日、最高裁が名古屋高裁に、再審開始すべきかどうかもう一度審理するよう差戻す決定を出した三重・名張毒ぶどう酒事件。「無実の奥西勝さんの釈放を」と各地で運動が広がっています。(救援新聞5/15号より)

●愛知

救出急げ.gif

 差戻し審がおこなわれる名古屋高裁がある愛知で4月16日、名張事件の緊急集会が開かれ、104人が参加しました。主催者を代表して、愛知県本部の阪本貞一会長が「名古屋高裁でのたたかいに全力をあげたい」とあいさつ。
弁護団は、最高裁が再審開始を取り消した決定に対し、毒物問題を科学的知見に基づいて検討したとはいえないとしていることを指摘し、最高裁は差し戻しではなく自ら再審開始決定を出すべきだったと厳しく批判し、奥西さんに残された時間は少ないと訴えました。
 面会人の稲生昌三副会長が「奥西さんは決定を聞いて落ちこんでもいましたが、今は冤罪を晴らしたいと決意を固めています」と報告しました。
 最後に愛知守る会の田中哲夫事務局長から「奥西さんを救出するために、ただちに行動を」と行動提起がおこなわれました5月21日には名古屋高裁、名古屋高検への要請行動が予定されています。なお差戻し審は、名古屋高裁刑事2部(下山保男裁判長)に決まりました。

●東京
 東京では、4月22日に緊急の報告集会が平和と労働センターで開かれ、44人が参加しました(主催=名張事件東京守る会)。
 弁護団の野嶋弁護士は、弁護団が提出した5点の新証拠のうち、毒物問題だけを採用して他の4点を退けたことについて厳しく批判。差戻し審では、すべての論点で無実を主張していくことを明らかにしました。また、現時点で奥西さんの死刑執行が停止になった状態であり、裁判所の裁量で奥西さんを釈放することは可能だと指摘しました。
 ジャーナリストの江川紹子さんも参加し、「なぜ最高裁自身が再審開始しなかったのか」と批判し、一日も早く奥西さんを救い出そうと訴えました。
 東京守る会の行動提起がおこなわれ、名古屋高裁あての署名に力を尽くすことなどが確認されました。
●名古屋高裁あての署名用紙はこちらを印刷してください

スペインでも名張事件の支援が

奥西イラスト.gif

 名張事件の動向は国際的にも関心を集めています。死刑廃止などを求めている人権団体、アムネスティ・インターナショナルでは、世界でもっとも危機に瀕する人権状況にある人として10のケースを取り上げてキャンペーンをしています。そのうちの一つが名張事件、奥西勝さんです。
 4月5日に名張弁護団の伊藤和子弁護士がスペインの超党派の国会議員の会議に招かれて事件について報告。奥西さんが49年経ったいまも死刑囚のままでいること、長期化して84歳になった死刑囚に、司法が即時の救済をしないでいることなどに、なんて不条理なんだ、と驚きや怒りの声が上がりました。スペイン国営放送の記者は、「文明国である日本でこんな事件があることを知り、驚いた」とコメントしています。
 スペインでは複数の町で、名張事件の署名を集め、大使に届ける運動が展開されています。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional