えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

守大助さん面会記

千葉刑務所からのメッセージ

デイジー.gif

真実はひとつ!

無実の罪で千葉刑務所に服役中の、守大助さんを支援するみなさんとの交流を綴った面会記です。真実はひとつ!どんなことがあっても苦境に負けず誠実に生きている大助さんからのメッセージが伝わってきます。

えん罪・仙台北陵クリニック事件とは

 守大助さん(当時29歳)が、勤務していた医療法人北陵クリニックに於いて、患者五人の点滴に筋弛緩剤マスキュラックスを混入したとして2001年に逮捕。仙台拘置所に身柄を拘束されました。仙台地裁、高裁。最高裁で「無期懲役」が2008年2月25日確定。2008年7月から千葉刑務所に服役中です。しかし、大助さんには動機もなく5人の容体急変は筋弛緩剤の薬理効果とは矛盾し、科学鑑定も否定され、試料も警察に廃棄され再鑑定が妨害されている。

守大助さん面会記(pdf版)

国民救援会千葉県本部からの情報

【2013年】

new.gif



【2012年】

menkai41.gif



【2011年】



【2010年】

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional