えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2011年10月15日号より

ここに掲載されている内容は、救援新聞10/15号に紹介されている「再審えん罪全国連絡会」に関連する記事の一部です。

大阪地裁所長・オヤジ狩り事件国賠

画像の説明

要請行動.gif 
    要請行動へ向かう支援者(8月29日・大阪高裁前)

二審も勝利判決を       10/28 判決控えて宣伝・要請

 暴行や威圧的な取調べで「自白」を強要した警察・検察などの違法捜査の責任を追及している大阪地裁所長オヤジ狩り事件国賠の2審判決が、10月28日、言い渡されます。警察や検察の横暴に歯止めをかけ、取調べの全面可視化(録音・録画)の実現をすすめるためにも、警察の違法捜査を断罪した一審に続く勝利判決が不可欠です。判決の直前まで、裁判所への要請を集中しましょう。

 「警察おちょくってんのか!」
 大声で怒鳴りつけ、髪をつかむ、首を持って壁に押さえつける、机を高く持ち上げ叩きつける、警察の望む答えが出るまでファイルの角で何十回も小突く__暴力団まがいの暴行と脅迫で当時13歳から16歳の少年たちに迫った大阪府警の刑事。少年たちは「取調べ」という名の恫喝にさらされ、ウソの「自白」をさせられました。その「自白」をもとに逮捕された2人の青年も、腕をねじ上げてうつぶせにされ、刑事に尻で頭を踏みつけられるなどの人格を壊す取調べを受けました。

えん罪生み出す警察の「威信」

 2004年2月に起きた路上での強盗致傷事件は、被害者が大阪地裁所長の裁判官だったこともあり、大きく報道されました。そのため捜査機関は犯人検挙に躍起となり、事件と無関係な地元の少年たちを別件逮捕し、締め上げて「自白」を得るを得る前時代的な捜査をおこないました。「自白」を拒み続けた藤本敦史さんの取調べのなかで警官が、「特高警察を知っているか」「昔は取調中に死んだものもおるんや」という言葉を発したことからも伺えるように、違法だと認識した上での拷問による自白強要でした。その結果、犯人は4人であるのに、10人余が事件への関与を認める歪んだ構図の事件となりました。
 裁判では、客観的事実と矛盾する青年たちの供述を隠していたこと、アリバイ供述をもみ消していたことなどが判明。防犯ビデオの解析結果から青年たちの無実が明らかになり、08年、少年事件の不起訴処分を含む、犯人とされた5人全員の無罪が確定しました。
 5人は、警察・検察などの責任追及と謝罪を求めて国賠訴訟を提起しますが、その法廷でも警察官は、暴行の事実を否定するばかりか、「今でもクロ(犯人)と思う」などと証言しました。こうした捜査機関の歪んだ威信とメンツがえん罪を生む温床になっています。

勝利の判決で可視化促進を

冤罪なくせ.gif

 「取調べは不当に威圧的なもので違法」
 国賠の一審判決で大阪地裁は,警察の捜査を違法と断罪し、1500万円あまりの賠償を命じました。弁護団の戸谷茂樹弁護士は、暴力的な取調べをやめさせるためには全面可視化することが必要であることを示唆した判決だと評価しました。二審判決は、警察の違法捜査をさらに強く批判し、一審で免罪された検察の責任も認めさせることが求められています。
 志布志事件、氷見事件、足利事件、布川事件、郵便不正事件と、捜査機関の自白強要による冤罪が次ぎつぎと明るみに出ています。捜査機関に自浄能力がない以上、密室の取調べをすべて録音・録画して国民の監視のもとにおくことは必須です。
 国連の自由人権規約委員会からは、取調べの可視化の実施を求められ、世論調査でも81%が可視化賛成(毎日新聞10年10月)しています。国民救援会も、2月に全労連や自由法曹団とともに江田五月法務大臣(当時)に可視化の実現を要請。こうしたなか、江田法相は、最高検に全面可視化の試行を指示し、法制審議会の特別部会で審議させるなどの動きが出ています。
 勝利判決を勝ちとることは、青年たちの名誉回復にとどまらず、可視化実現の流れを加速させる重要な意味を持ちます。支援する会と大阪府本部は、判決直前の10月26日まで要請を続け、世論の力を追い風に、1万人分の署名を積み上げ勝利しようと奮闘しています。

仙台筋弛緩剤冤罪事件

「看護師の仕事がしたい」         守大助さんからのメッセージ

大助さん.gif

 9月17日、18日に開かれた「守大助さんの再審無罪を勝ちとる全国交流集会」に寄せられた、守大助さんのメッセージを紹介します。

 本日はお忙しい中ありがとうございます。短期間で再審開始を勝ちとるために、皆さんのお力をお貸しください。お願いします。
 東日本大震災から半年が過ぎました。被災地では、復興に未だ程遠いという状況の中で、本日地元宮城で「全国交流会」を開催していただき、感謝しております。私の無実の受刑生活も、早いもので“3年7ヶ月”になろうとしています。この間、毎日のように各地から激励の便りが届き、心強く生活することができています。
 医療界とは全く関係ない革靴製造という仕事をしていますが、オーダーメイド班で一生懸命頑張っています。一方でなぜ!私がこのような仕事・生活をしなければならないのかと、怒りでいっぱいです。一日でも早く看護師の生活・仕事がしたいんです。
 私は学生時代にケガをし、入院・手術を受けて、看護師の仕事を見て、私も人の役に立ちたいと思い、医療界に進んだのです。なのにどうして患者さんを苦しめたり、あやめたりできるでしょうか。医師の指示に基づいて点滴をしただけです。絶対に筋弛緩剤を混入していません。
 みなさん、私は絶対に無実です。助けて下さい。

2011年9月17日  無実の大助

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional