えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2011年10月25日号より

ここに掲載されている内容は、救援新聞10/25号に紹介されている「再審えん罪全国連絡会」に関連する記事の一部です。


三重・名張毒ぶどう酒事件



画像の説明


検察主張の誤りが明らかに

 名古屋高裁で再審請求の審理がおこなわれている名張毒ぶどう酒事件で、10月3日奥西勝さんが使用したとして有罪の根拠となった毒物の成分分析の鑑定結果が,鑑定人から裁判所、弁護団、検察の3者に渡されました。弁護団は7日に会見を開き、「検察側主張の誤りが明らかにされ、弁護団主張の正しさが科学的、客観的に実証された」と表明しました。11日には、裁判所に意見書を提出し、検察が望むこれ以上の「再製・再現」実験と鑑定をおこなう必要はなく、検察の異議申し立てを棄却し、直ちに再審を決定するよう求めました。

「一日も早く再審を」          奥西勝さん心境を語る

 12日に奥西さんと面会した愛知県本部の稲生昌三副会長によると,奥西さんは、「これ以上審理を引き伸ばさず,もう決着して欲しい。一日も早く裁判所は再審開始を決めて欲しい。期待の想いで正月と86歳(1月14日が誕生日)を迎えたい」と心境を話しました。

「再審急げ」の声を広げて      鑑定で奥西さんの無実明らか

 名張事件の差戻し審の大きな焦点は、事件に使われた毒物が農薬・ニッカリンTであったかどうかです。「ぶどう酒にニッカリンTを入れた」とするウソの「自白」が,奥西勝さんの有罪の根拠となっています。

「自白」崩れる

 弁護団は、ニッカリンTには、特定の副生成物・トリエチルピロホスフェートが含まれているが,事件直後のペーパークロマトグラフ試験では検出されていないため,使われた毒物はニッカリンTではない」と主張してきました。
 弁護団が未開封のニッカリンTを用いて鑑定をおこなった結果、トリエチリルピロホスフェートは17%以上含まれることが明らかになりました。これに対して検察は、「5%以下」と主張しました。
 こうした争点を明らかにするため、裁判所は、製造元企業にニッカリンTを当時のレシピで再製造させ鑑定することを決定。成分分析をおこなうことに弁護団も同意しました。
 ぶどう酒に毒物を混ぜたことを想定し,鑑定はニッカリンTを水に溶かして分析をおこないました。その結果、再製ニッカリンTはトリエチルピロホスフェート24.7%、弁護団が提供したニッカリンTは16.6%含まれるという結果が出ました。これにより、検察の主張は崩れ、犯行に使われた毒物はニッカリンTではないことが実証され,奥西さんの無実がより明らかになりました。

議論に決着を

 一部マスコミが,今回の鑑定を「検察に沿う分析結果」「今後の審理が長期化」などと報道しましたが、全く的外れです。
 検察は今回の鑑定にいたるまで、主張を二転三転と変遷させました。当初、「当時の鑑定でトリエチルピロホスフェート検出されなかったのは,加水分解したから」(異議審=名古屋高裁)と主張。その後、発色が弱いから」(特別抗告審=最高裁)と変わり、現時点(差戻し審=名古屋高裁)においては、「従来の主張を留保する」と述べるとともに、新たに、「トリエチルピロホスフェートの比率は5%以下、微量であるか別な成分の可能性」との主張を持ち出しました。
 「いまだ科学的知見に基づく解明がなされていない」として最高裁から差し戻された現在の審理。今回の鑑定で、検察の主張は科学的な根拠がないことが証明されました。名古屋高裁は,毒物に関する議論をすぐに決着させるべきです。

命かけた闘い

 鑑定人は,依頼された成分分析と別に,事件当時もおこなわれたエーテル抽出の実験をおこない,「当時の方法で鑑定した場合、トリエチルピロホスフェートが検出されない可能性がある」としました。しかし、この実験は、酸性条件にしていない、芒硝で脱水後濾過していないなど事件当時と異なる条件設定のため,再現実験の意味をなしていません。このことは、検察が実施を求めるペーパークロマトグラフ試験の再現実験も,当時の実験条件が確定できず,条件次第で結果が大きく変わることから、無意味であることを逆に証明しました。
 奥西さんはすでに85歳となり,これ以上の審理引き延ばしは命に関わります。名古屋高裁は,検察の異議申し立てを棄却して,再審開始と奥西さんの釈放を決定すべきです。

全国から声を

 鑑定結果が出たことで、審理は山場を迎えました。11月13日~20日の『なくせ冤罪!全国いっせい行動』を肇、署名やハガキなどで、「再審を確定し釈放せよ」の声を全国から名古屋高裁に集中しましょう。

<要請先>〒460-8503 名古屋市中区三の丸1-4-1名古屋高裁・下山保男裁判長

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional