えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2011年10月5日号より

ここに掲載されている内容は、救援新聞10/5号に紹介されている「再審えん罪全国連絡会」に関連する記事の一部です。

 仙台筋弛緩剤冤罪事件

決意ロゴ.gif

弁護団 再審申立てへ大詰め

 仙台・筋弛緩剤冤罪事件(北陵クリニック事件)で、無実の守大助さんを救い出そうと、「守大助さんの再審・無罪を勝ちとる全国集会」が、9月17、18日、仙台市内で開かれ、再審請求に向けて運動を強めようと決意しました。

 集会は、地元宮城の守る会、国民救援会中央本部、同宮城県本部の呼びかけで開かれたもので、北海道から九州まで20都道府県から180人が参加。全国26の支援組織のうち21の会が参加しました。

全国に守る会大きく広がる

 宮城守る会の志賀事務局長は、経過報告のなかで、最高裁で上告棄却後、大助さんの両親、弁護団、守る会役員が全国25都道府県に足を運び、直接支援を訴えて歩いたことが全国26の支援組織の結成の大きな原動力になったと報告。各地の守る会の会員総数が2600人以上に達し、学習会・集会が181カ所で開催され2万3900人以上が参加していること、各地の支援組織で医療関係者が参加していることを報告しました。
 「支援者の支えがあって再審無罪を勝ちとれた」と話す布川事件の杉山卓男さんは、「全国の力と、当事者、弁護団、支援組織の3者が団結して再審無罪につなげてほしい」と激励しました。

全国連絡会の準備会発足へ

 集会では、全国連絡会の設立にむけて準備会を発足することが提起され、準備会を東北・関東の9つの守る会と国民救援会中央本部、同宮城県本部で構成することを確認しました。
 全国の各守る会から活動の紹介や、全国連絡会設立にあたっての要望や意見交換がおこなわれました。徳島の会からは、確定判決や上告趣意書などの学習会を重ねて、再審にむけて何が必要なのかを学びつつ、毎月の街頭宣伝や会員拡大にとりくみ、現在会員300人以上の会に発展していることが紹介されました。また、今年広島でおこなわれた日本母親大会で広島の会と協力して4000枚のビラを配布し、会場内に物産店「仙台・北稜クリニック事件」を出店した活動が紹介されました。その他、自分たちで竹の子を缶詰にして販売して財政活動をしている(青森・八戸の会)、地元特産の起き上がり小法師の入った絵はがきを作成して、ハガキ運動をおこなっている(福島・会津の会)など、各地の多彩な支援活動が報告されました。

運動つよめて、再審・無罪へ

 弁護団からは、再審請求にむけて弁護団会議を重ねて、現在大詰めの作業をおこなっていることが報告され、2日目はこの弁護団報告をうけて各地の支援者から再審請求にむけて熱心な質疑がおこなわれました。

両親.gif

 支援へのお礼を述べた守さんの両親は、「全国からたくさんの方が参加してくださり、勇気づけられた。事件から10年になるが、これからも頑張っていきたい」と話し、参加者全員で再審無罪を勝ちとるために、さらに運動を強めようと確認しあいました。
 守さんの幼稚園の担任で、集会に参加した宮城の上西雅江さんは、「全国からたくさんの人が集まったことに感動しました。各地の報告を聞き、他の冤罪事件が次々明らかになるなかで、いま一番大事なときだと確信しました。ご両親が元気なうちに大助さんを救い出したい」と感想を話しました。

「頑張って」宣伝に激励の声

 集会に先立ち、仙台市内でおこなれた街頭宣伝には総勢42人が参加し、支援活動始まって以来の大宣伝行動となりました。各守る会代表11人がリレー演説。ビラは1241枚を配布しました。
 大助さんの母・祐子さんに声をかけた女性は、「息子と大助さんはそっくり。無実を信じています。頑張って」と話し、「知り合いに配ります」と言ってビラを20枚持ち帰りました。また、訴えを聞いている青年に祐子さんが話しかけると、「僕、大助さんと同じ名前なんです。仙台の拘置所にいる時、2回ぐらい励ましの手紙を書いたことがあります。頑張ってください」と答えるなど、多くの対話が生まれました。

渦巻

 名張毒ぶどう酒事件の「全国支援集会」が24都道府県330人の参加で成功した。ここには検察、裁判所への怒りとともに、奥西勝さんを獄死させてはならないとの思いが凝縮されている。その思いが、いま全国に燎(りょう)原(げん)の火のごとく広がり始めている▼記念講演をおこなった元裁判官の木谷明さんは、冤罪が起こるのは検察、とくに裁判所に責任があると断定。その上で「取調べの全面可視化も、証拠の全面開示も必要だが、運用するのは人間。冤罪を無くすかどうか、最後のカギは裁判官が握っている。それを回させるのは、私たち国民の声に他ならない」と訴えた。名張事件の再審を求める運動は、かつてなく大きく広がっている。しかし、カギを回させるには、さらにもう一歩、大きな声で裁判官の背中を押してやらなければならない▼農薬の再製造がおこなわれている。鑑定結果が出れば、裁判所が再審を決断する材料が出揃う。奥西さんに残された時間は少ない。いまこそ裁判官が持つカギを回させなければ。あと3か月で奥西さんは86歳の誕生日を迎える。(T)



滋賀・日野町事件

画像の説明

阪原さん家族が決意

 滋賀・日野町事件で無実を訴えながら再審請求中になくなった阪原弘さんの家族が、第2次再審請求を大津地裁に申し立てる意向を表明しました。
 9月13日におこなわれた弁護団会議で、家族と弁護団は、阪原さんの一周忌にあたる来年3月までに再審請求の申し立てをする方向で調整をすすめることを確認しました。これを受けて弁護団は、申立書の作成準備に入りました。
 支援運動をおこなう日野町事件対策委員会は、9月22日の会議でこれまでの活動を終了することを確認。これからは国民救援会滋賀県本部が中心となって、弁護団の第2次再審請求の準備活動と歩調を合わせながら、新しい支援組織の構築に向けた準備を始める方針です。
 日野町事件は、1984年に発生した強盗殺人事件で、阪原さんが犯人とされ無期懲役刑を受けたものです。阪原さんは、獄中から再審請求をおこないましたが、大津地裁は06年に再審請求を棄却。大阪高裁に即時抗告中の昨年12月、食道炎と肺炎を併発。体重は34キロまで落ち、面会にはストレッチャーで運ばれるほどに衰弱し、刑の執行停止を受けて外部の病院へ移送されました。家族のもとで手厚い看病を受け、一時回復の兆しを見せましたが、今年3月18日、肺炎のため亡くなりました。

再び力を貸してください       阪原さん家族がメッセージ


阪原さん家族.gif

 長い間、ご支援をいただきありがとうございました。父を亡くし、悲しみに明け暮れる間に早6ヶ月が経とうとしております。長い苦しい闘いの中で、皆様にご支援いただけたことだけが喜びであり、唯一の幸せでした。
 父の無念と、父を助けられなかった家族の悔しくて辛すぎるこの思いを、何処にぶつけたらいいか分からず悩みました。先日、弁護団会議に参加したところ、「もう一度、一緒にやりましょう」という温かい言葉に背中を押していただき、再審申し立てをおこなうこととなりました。
 再び皆様のお力をお貸しください。そしてもう一度、父のために闘う勇気と希望を家族に与えてください。          ※国民救援会京都府本部大会(9月17日)へ宛てたメッセージより



大阪・オヤジ狩り事件国賠裁判

二審でも勝利を!

 10/28 判決へ宣伝・要請

オヤジ狩り事件.gif

 大阪地裁の所長が襲撃され金品を奪われた大阪地裁所長オヤジ狩り事件で、犯人とされた5人の青年たちが警察や検察の違法捜査の責任追及と謝罪を求める国家賠償裁判の二審判決が10月28日、大阪高裁で言い渡されます。判決を控え、関西えん罪連絡会が9月12日、大阪市内で宣伝と要請行動をおこないました。
 宣伝には20人が参加。若者や女性、サラリーマンの方から「頑張ってください」と激励を受け、500枚のビラを配布しました。続く大阪高裁への要請では、原告5人の名誉回復と補償を命じる判決を出すよう求めました。
 事件は、逮捕された青年たちと犯人の体格が違うことが防犯カメラの映像で判明し、無罪判決が確定。警察・検察などに対して国賠訴訟を提起し、一審の大阪地裁では、逮捕して暴行し、自白を強要した警察の捜査は違法として、賠償を命じる勝利判決を勝ちとりました。
 原告の一人、藤本敦史さんは、「無罪判決と一審の勝利は、全国の皆さんの支援と署名のおかげです。裁判に勝利して、えん罪が起こらない社会にし、獄中で苦しむ人にあきらめずにたたかう希望を持ってほしいと思います」と訴えています。

【要請先】 〒530-0047 大阪市北区西天満2-1-10  大阪高裁・坂本倫城裁判長

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional