えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2011年8月5日号より

東電OL殺人事件

DNA鑑定で新事実

犯行現場に第三者の可能性

ゴビンダさん.gif

 ネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさんが再審を求めている東京・東電OL殺人事件で、殺害された女性の膣内に残された体液のDNA型鑑定の結果、現場で発見されたゴビンダさんとは別人の体毛のDNA型と一致したことが、7月21日の報道で明らかになりました。

 この鑑定結果により、現場に立ち入り、被害者と殺害直前に性交渉をもった第三の男が存在したことが証明されることになり、ゴビンダさん以外の人物が殺害現場のアパートに立ち入ることはあり得ないとして無期懲役とした二審の事実認定が完全に崩れることになります。確定判決に重大な疑問が生じた以上、東京高裁はすべての証拠を精査し,直ちに再審開始を決定すべきです。
 事件は、97年に東京・渋谷区のアパートで、東京電力に勤務する女性が殺害され現金を奪われたもので、現場付近に住むゴビンダさんが犯人とされました。ゴビンダさんと犯行を直接結びつける証拠はなく、一審は無罪、しかし二審は逆転有罪となり無期懲役刑が確定しました。05年に再審請求、弁護団の要求で検察がDNA型鑑定をすることが決定していました。
 報道を受けて21日午後、ゴビンダさんを支える会の客野美喜子さんが横浜刑務所でゴビンダさんと面会。報道の内容を伝えると、胸の前で小さく手をたたいて喜び,「”真実は必ず勝つ”というネパールのことわざが現実になった」と話したそうです。
 弁護団は、検察から開示された鑑定結果の証拠採用を裁判所に求めるとともに、検察側に対してゴビンダさんの釈放を請求しました。

【関連記事】

再審開始と釈放を

弁護団 高裁・高検に要求

 東電OL殺人事件の弁護団は7月26日、再審請求補充書を東京高裁に提出し,記者会見を開きました。
 弁護団は今回検察が提出したDNA型鑑定書は,再審請求人のゴビンダさんに無罪を言い渡すべき新たな証拠であり、速やかに再審を開始すべきである、としています。
 補充書によれば、今回の鑑定で被害者の膣内から採取されたDNA型鑑定がおこなわれ、その結果、①本件膣内精液から2人分のDNA型が検出された、②上記2人分のDNA型のうち、被害者以外のもう一つのDNA型は、事件現場となった部屋のカーペット上に遺留された陰毛中の少なくとも1本のDNA型と同一である、③上記②のDNA型は請求人や,事件当夜に性交した男性のDNA型とは異なる、という新たな事実が明らかになりました。そして、この鑑定結果は確定している有罪判決が主な根拠とした、ゴビンダさん以外の男性が被害者と現場にいたとはおよそ考え難い、との事実認定を覆すに十分な新証拠と評価されるとしています。さらに、確定判決の認定は到底維持することができないばかりか、当該DNA型の男性が犯人である蓋然性がきわめて高く、ゴビンダさんが犯人であるとした判決が誤りであるとしています。
 弁護団は、同日、東京高検に対して刑の執行を停止し,釈放するよう求めたことを明らかにしました。

「ただちに再審を」

宣伝に市民の関心高く     再審えん罪全国連絡会

ゴビンダ宣伝.gif

 再審・えん罪事件全国連絡会の毎月定例の宣伝行動が7月21日夕方、有楽町駅前でおこなわれ、えん罪事件の各守る会や国民救援会から約20人が参加しました。同日各紙で、DNA鑑定が報じられたことを受け、「東京高裁はただちに再審開始を」との横断幕を掲げ、ビラを350枚配りました。
 無実のゴビンダさんを支える会の客野美喜子さんがマイクを握り、急遽ゴビンダさんの面会に行ったことを報告。DNA鑑定の結果を伝えると、ゴブンダさんが看守を気にしながらも胸の前で小さく手を合わせて「拍手」したこと、「真実は勝つ」というネパールのことわざが本当になりましたと笑顔で語ったことなどを紹介し、支援を訴えました。
 多くのマスコミの取材があったこともあり、市民の関心は高く、いつもよりもビラを短時間で配りきることができました。

彼を抱きしめたい

ゴビンダさんの家族が声明

ラダさん.gif

 新たなDNA証拠の出現によって、私たちのゴビンダの無実はきわめて鮮明になりましたこの事件が起きた当初から、私たちは愛するゴビンダがこのような凶暴な犯罪に手を染めることなどありえないと確信していました。
 今こそ、再審を開始し、身柄を釈放して、ゴビンダが犯してもいない犯罪のせいで甘受させられている、本来被るべきではなかった苦しみから直ちに解放されるべき時です。
 私たちは、事件に直接的・間接的に深く関わり、司法の過ちに対して声を上げ、様々な角度から力を貸してくださった方々、ことに好意的な報道をして下さった日本のメディア、愛情深く同情心にあふれた日本の皆様、人権活動家、そして何よりも「無実のゴビンダさんを支える会」の皆様、更には弁護団の皆様に対し、その不屈の人道的ご努力に最大の感謝を申し上げたいと思います。
 ネパールに居住する私たち家族一同は、最愛のゴビンダができるだけすみやかに帰国し、再会を果たし彼を抱きしめることを待ち望んでいます。
        マイナリ家を代表して
        インドラ・プラサド・マイナリ(兄)
        ラディカ(ラダ)・デヴィ・マイナリ(妻)
        ネパールカトマンズにて

2011年7月26日

 

布川事件

「布川事件 無罪うれしい」

国連拷問禁止委員が歓迎

メネンデスさん.gif

 布川事件の再審無罪を、国連拷問禁止委員のひとりマリーニヨ・メネンデスさんが大変喜んでいたと国際人権活動日本委員会代表委員の吉田好一さんから報告がありました。
 メネンデスさんは、07年にジュネーブで開かれた国連拷問禁止委員会の日本政府報告審査で主査を務めた人物で、杉山卓男さんと桜井昌司さんの妻・恵子さんが現地の公式ミーティングで直接訴えていました。委員会は、冤罪の温床である代用監獄を廃止するよう「勧告」を出しました。
 吉田好一さんは、「歴史記憶法を学ぶツアー」でスペイン滞在中の6月28日にメネンデスさんと会談。持参した報道記事のコピーを差し出し勝利報告。記念に「雪冤」手ぬぐいを渡しました。メネンデスさんは「布川事件の勝利は大変嬉しい」と応えました。 



福井女子中学生殺人事件

一日も早く再審を!

検察の不正義正せ

再審求めて要請行動       

金沢宣伝.gif

 再審をめぐって近く決定が出ることが予想されている福井女子中学生殺人事件で、7月15日、国民救援会福井県本部をはじめ、石川、富山、長野、愛知県本部と中央本部の22人が、名古屋高裁金沢支部への要請行動をおこない、再審開始を決定するよう求めました。
 要請で福井県本部の五十嵐事務局長が、「弁護団・検察双方から最終意見書も出され、、裁判所の再審開始決定が待たれている。一日も早く再審開始決定を出してほしい」と求め、富山県本部の藤田副会長は、「無罪を出すべきことが明白な事件であるにもかかわらず、ずるずると判断を出さないのは問題。一日も早く再審開始決定をだすべき」と要請しました。名張毒ぶどう酒事件の奥西勝さんの特別面会人でもある稲生昌三中央本部副会長は、「氷見、足利、布川事件とと相次いで冤罪が正され、いまや『冤罪を無くせ』は国民の声。検察の証拠隠しや改ざんによって冤罪が『作られる』ことが明らかとなった。検察の不正義を厳しく正す役割を裁判所こそが果たさなければならないと訴えました。   

*   *   *

 要請に先立って金沢市内の繁華街で宣伝行動がおこなわれました。前川彰司さんの有罪証拠が皆無であること、同時に無実を証明する証拠がたくさんあること、名古屋高裁金沢支部は、一日も早く再審開始決定を出すべきだと訴えました。日差しが照りつけるなか、通行人の多くがビラを受け取り、50分ほどの行動で550枚のビラを配布し、20人分の署名が集まりました。
 再審の審理では、今年1月に法医学者の日大医学部・押田茂實教授の証人尋問がおこなわれ、被害者の体の傷から、現場に残された2本の凶器以外にも別の凶器が存在したことなどが明らかになったことや、血液反応を調べる再現実験の結果から、前川さんを犯人とした暴力団関係者の供述が虚偽のものであり、前川さんの無実が科学的に明らかにされています。
 事実調べはすべて終わり、弁護側と検察側双方が最終意見書を提出しており、決定はいつ出てもおかしくない状況にあります。

<要請先>〒920-8655 金沢市丸の内7-2 名古屋高裁金沢支部 伊藤新一郎裁判長



愛知・豊川幼児殺人事件

「世論の力で無罪を」

守る会結成総会に80人

「豊川幼児殺人事件・田邉さんを守る会結成総会」が7月24日おこなわれ、80人が参加しました。
 国民救援会愛知県本部の阪本貞一会長が、「この地で起きた冤罪事件を、地元のみなさんに支援していただけることは誇りです。推定無罪原則の徹底、検察の証拠隠しを許さない世論が必要」とあいさつ。多くの方からの連帯のメッセージが紹介されました。
 犯人とされた田邉雅樹さんのお父さんは、「息子は当初から一貫してやっていないと言い続けてきています。大分刑務所にいる息子を助けてください。このような会を立ち上げていただき感謝します」と述べました。
 後藤昌弘弁護士は、「この事件は物的証拠がないままに田邉さんが犯人とされた。それだけに再審請求のハードルは高いといえる。しかし遅くない時期までに、弁護団の体制を整えて再審申し立てをおこなう予定です。みなさんのいっそうのご支援をお願いいたします」と報告しました。
 最後に役員を選出し、会長に選ばれた佐藤典子弁護士は、「支援の輪が大きく広がっていることを実感。いっしょに事件を学習して、位置にも早く田邉さんを救出しましょう」と決意を述べました。

        <第1回全国現地調査>
 日時  8月27日(土)午後1時30分から28日(日)12時
 申込先 国民救援会愛知県本部 TEL052-251-2625
 締切り 8月10日

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional