えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2012年2月15日号より

image.gif

ここに掲載されている内容は、救援新聞2012年2/15号に紹介されている「再審えん罪事件全国連絡会」に関連する記事の一部です。

名張毒ぶどう酒事件      再審判断 早期の可能性

再審判断ロゴ.png

 事件から52年にわたり、奥西勝さん(86)が無実を訴え続けている三重・名張毒ぶどう酒事件で、再審判断の早期決定の可能性が強まっています。急いで10万人署名を達成し、再審開始と奥西さんの即時釈放を求め運動を強めましょう。

シクラメン.gif

 一部報道によれば、これまでぶどう酒の再現実験の実施を求めていた検察側が 「再現実験は不要」との意見書を1月20日付で裁判所に提出しました。 弁護団は、「再現実験は有害であり、必要ない」主張していたため、検察の意見書により、再審可否の判断が早期に出される可能性が高まりました。また、担当する下山保男裁判長が6月5日に定年退官することから、遅くともその前に決定が出される可能性が高いと考えられます。
 昨年行われた毒物鑑定の結果、犯行に使われたとされる毒物が奥西さんが「自白」したニッカリンTではないことが科学的に証明されました。事件当時の鑑定ではニッカリンTをぶどう酒に混ぜた液体からは、ニッカリンT特有の不純物「トリエチルピロフォスフェート(略=T)が検出されたのに、事件当時現場で採取された飲み残りのぶどう酒からはそれが検出されませんでした。検察は「不純物はTではない。もしTだとしても5%以下で、検出されなかった」と主張しましたが、鑑定では24.7%含まれているという結果が出ました。ニッカリンTが犯行に使われたとすれば、必ず不純物Tが発見されるはずであり、検出されなかったのは、使われた毒物がニッカリンTではないということです。検察の主張は崩れました。
 検察の意見書は、こうした追い込まれた状況で出されたもので、鈴木泉弁護団長は、「鑑定によって自分の主張が否定されたことにほおかむりをして、証拠に反する強弁をしているに過ぎない」と厳しく批判しています。弁護団は2月14日に最終意見書を提出し、早期の再審開始を求めていきます。
 10万人署名(現在8万)を早期に達成し、「冤罪の救済」という裁判所の役割を果たすことを求めましょう。

<要請先> 〒460-8503 名古屋市中区三の丸1-4-1 名古屋高裁・下山保男裁判長


宮城・仙台筋弛緩剤冤罪事件(北陵クリニック事件) 2月10日に再審申立て

画像の説明

再審申し立て行動.gif

 宮城・仙台筋弛緩剤冤罪事件(北陵クリニック事件)で、守大助さんの再審弁護団は2月10日に仙台地方裁判所に再審請求申立書を提出することを決定しました。

 この事件は、2000年、宮城県仙台市の北陵クリニックで、入院患者の容体が急変する事態が相次ぎ起こり、01年1月、准看護師の守さん(当時29)が逮捕され、ウソの「自白」をさせられ、犯人とされたものです。
 守さんは、患者の点滴に筋弛緩剤(筋肉の動きを弱める薬)を混入させたとして、殺人と殺人未遂で、一,二審で無期懲役の不当判決を受け、08年最高裁の上告棄却で確定しました。
 裁判では、患者の容体急変は、筋弛緩剤の注入による症状ではなく、いずれも病気や薬の副作用、救急処置の不徹底などによるものであることが明らかになりました。また、点滴ボトルに筋弛緩剤を混入させたとする守さんの「自白」の方法では、容体の急変は起こりえないことも明らかとされました。
 しかし、二審の仙台高裁は四回の公判で結審し、最高裁は実質的な審理をすることなく不当な判断を行いました。

 再審請求申立て書では、3つの主な新証拠から守さんが無実であることを明らかにしています。

 第1は、患者の血液や尿、点滴ボトルから筋弛緩剤の成分が検出されたとする大阪府科学捜査研究所の「土橋鑑定」への反証。
 第2は、吐き気と腹痛で北陵クリニックを来院した少女の症状は、筋弛緩剤の症状ではないばかりか筋弛緩剤の薬効と矛盾すること。
 第3は、守さんが法廷で「僕はやっていない」という証言が信頼できる証言であることを論証した心理分析となっています。

 弁護団は証拠の全面開示についても請求する予定です。
 守る会では、1日も早く再審を開始し、無罪を勝ちとるために、弁護団、守さんと家族と団結し、全力奮闘することを決意しています。

<激励先> 〒264-8585 千葉県若葉区貝塚町192 千葉刑務所 守大助さん


東京・痴漢えん罪西武池袋線小林事件   小林さん仮釈放される

画像の説明

小林さん.gif

 2010年7月に最高裁で懲役1年10月の不当判決が確定した東京・西武池袋線痴漢えん罪小林事件の小林卓之さん(69)が1月26日、静岡刑務所から仮釈放されました。

 家族や国民救援会、支援する会の人とともに車で1年3ヶ月ぶりに東京に戻った小林さんを、東京弁護士会館前で支援者が出迎え、「お帰りなさい」「よかったね小林さん」と激励しました。
 再審弁護団の佐々木亮弁護士は、「これから再審開始を勝ちとるため頑張りますので、引き続きご支援よろしくお願いします」と述べました。
 小林さんは、「獄中では支援者の皆さんに会うまでは頑張らねばいかん、真実が明らかになるまでともかく頑張るんだという一念でした。本当にありがとうございました。真実はあきらめずに一つひとつの事実を証明していけば、無実だということがはっきりすると思います。それが明らかにできる日まで頑張ります」と決意を語りました。


東京・東電OL殺人事件    無実いっそう明白


15点鑑定結果.gif

 東電OL殺人事件で無期懲役判決を受けているネパール人のゴビンダ・プラサド・マイナリさん(45)の再審請求審で、東京高検が行っていた15点の証拠の追加鑑定の結果、最後に残っていた被害者の下着から、ゴビンダさんのDNA型が検出されなかったことが1月20日に明らかになりました。

 これにより、検察が追加鑑定を求め、弁護団も同意した15点の物証の鑑定結果が出揃いましたが、いずれもゴビンダさんのDNA型は検出されず、ゴビンダさんの無実がいっそう明らかになりました。
 今後、鑑定人による正式な鑑定書を受けて3月16日までに検察側が意見書を提出。その結果をふまえ、3月19日に三者協議がおこなわれる予定です。
 無実のゴビンダさんを支える会と国民救援会などは、これ以上審理を引き伸ばさず、一刻も早い再審開始と刑の執行停止を求め、東京高等検察庁や東京高等裁判所への要請行動を繰り返しおこなっています。
 昨年7月、大阪医科大学の鈴木廣一教授によるDNA鑑定の結果、被害者の体内からゴビンダさんのDNA型が検出されなかったことが明らかになりました。
 追い込まれた検察は、9月に42点の物証を新たに開示し、それらのDNA型鑑定の意向を裁判所と弁護団に示しました。この42点の証拠開示によって、被害者の胸部や口に付着していた唾液から第三者のものと思われるO型の反応が出たものの、ゴビンダさんと同じB型反応はなかったことも明らかになりました。事件発生当時の97年4月時点で、被害者の身体から別人の体液が発見されていたにもかかわらず、そのことが隠されていたことが判明しました。
 その後の三者協議で、42点のうち15点の鑑定について弁護団も同意し、鑑定作業が続けられていました。

 

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional