えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2012年3月15日号より

スイセン.png

ここに掲載されている内容は、救援新聞2012年3/15号に紹介されている「再審えん罪事件全国連絡会」に関連する記事の一部です。

東住吉事件     再審開始決定

再審開始決定.gif

大阪地裁       「自白は信用できない」 

東住吉事件-再審開始.png

 自宅に放火し娘を殺害したとして、無期懲役の刑を受けている青木恵子さん(48)と朴龍晧さん(46)が再審を求めていた大阪・東住吉冤罪事件で、3月7日、大阪地裁(水島和男裁判長)は、裁判をやり直す再審開始決定を出しました。事件から17年、真実の力が再審の一扉を開きました。
(詳報次号)
 午前10時4分、裁判所から「開始決定」の垂れ幕を掲げて弁護団が出てくると、決定を待っていた大勢の支援者から、「やったぞ!」「よっしゃあ!」と歓声が上がり拍手に包まれました。第一報を聞いた朴龍晧さんのお母さんは、感極まった様子で飛び跳ね、「みんなの力です。感謝感謝!」と叫びました。

「火災実験」の証拠価値認め

 1995年7月、大阪市東住吉区の青木恵子さんの自宅が火災で全焼し、入浴中だった小学6年の長女が死亡しました。青木さんと内縁の夫の朴龍晧さんは、保険金目当てに自宅を放火し、長女を殺害したとして起訴され、2人は裁判で無実を訴えていました。2人の犯行を直接裏付ける証拠はなく、朴さんがガソリンを駐車場に撒き、ターボライターで火をつけたとする「自白」が重要な証拠とされ、有罪が確定しました。
 その後、弁護団が実施した火災実験により、「火災は、車庫の車のガソリンが漏れて気化し、風呂釜の種火に引火した可能性が高い」として、再審請求をしていました。
水島裁判長は決定で、弁護団の火災実験の証拠価値を認め、「自白は信用できない」と判断。「新旧証拠を総合的に評価すれば、確定判決の有罪認定に合理的な疑いが生じる」とし、「無罪を言い渡すべき明らかな証拠をあらたに発見したときに該当する」として再審開始を決定しました。


静岡・袴田事件

現地調査6月に

 静岡・袴田事件の再審請求審において、袴田巌さん本人のDNAと「自白」に関する鑑定の結果が5月から6月にかけて出されることが明らかになりました。鑑定結果を受けてから現地調査をおこなうほうがより効果があるとの判断から、4月15日に予定した日程を下記に変更します。

  ▼日時: 6月24日(日)午後1時〜25日(月)正午
  ▼場所: 清水テルサ
  ▼問合せ:救援会静岡県本部  電話054(255)0134

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional