えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

救援新聞2012年6月5日号より

シャクヤク.gif

ここに掲載されている内容は、救援新聞2012年6/5号に紹介されている「再審えん罪事件全国連絡会」に関連する記事の一部です。

名張事件   再審認めぬ不当決定/死刑執行停止も取り消す

再審認めぬロゴ.gif

不当決定に抗議する支援者(名古屋高裁前)

名古屋高裁に支援者200人が怒りの拳

 1961年に発生した三重・名張毒ぶどう酒事件で5月25日、名古屋高裁(下山保夫裁判長)は、検察側の異議申立てを認め、2005年に出された奥西勝さん(86)への再審開始決定を不当にも取り消しました。また、奥西さんの死刑執行停止も取り消しました(詳報次号)

 朝早くから駆けつけた支援者200人は、不当決定の一方に、名古屋高裁前で怒りの拳をあげ、抗議しました。
 記者会見で鈴木泉弁護団長は、「怒りに耐えられないほど悔しい.高齢で、拘置所の描写にいる奥西さんにさらに鞭を打つ決定。弁護団はこの決定を絶対に許さない。奥西さんを生きて社会に戻すまで、全力を尽くす決意です」述べ、最高裁へ特別抗告することを報告しました。
 奥西さんは半年前から食事がのどを通らなくなり、5月になってからは肺炎を患っております。これ以上の拘禁は命にかかわります。
 国民救援会は、不当決定に強く抗議し、最高裁での再審開始をめざすとともに、奥西さんの刑の執行停止と即時釈放を求めていきます。

【抗議先】 〒460-8503 名古屋市中区三の丸1の4の1 名古屋高裁・下山保夫裁判長

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional