えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

無実の人々を救う!5・20全国いっせい宣伝行動

無実の人々を救う!5.20全国いっせい宣伝行動

全国各地で共感を広げる!

各地の取り組みを報告ください

5.20一斉宣伝.gif

 2013年、「無実の人々を救う!全国いっせい宣伝行動が全国で開始され、各地で反響を呼んでいます。
 在京の各支援組織と国民救援会のみなさんが共同して、有楽町マリオン前で宣伝行動(写真)を行いました。あいにくの雨でしたが、「ご苦労さま」と言ってビラを取って行く方や「映画『約束』を見たよ」と声をかけてくれる方もいました。
 現在、国民救援会中央本部には北海道、愛知、広島、宮崎、大分県などから報告書が届いています。大分でも「映画『約束』はまだやっているのか」と聞いてくれる方など、市民の反響も良かったと報告されています。

広島・呉支部のからの通信

 呉支部は「無実の人を救う全国いっせい宣伝行動」を、映画「約束」の上映会宣伝と合わせて行いまいました。死刑・冤罪2事件をパネルにして、道行く人々に掲げてアピールし、映画の宣伝ビラと合わせて配布しました。
 ビラ配りに参加した女性会員は「死刑冤罪事件です。是非、関心をもってください。映画を観てください。冤罪・死刑囚を助けてください」と訴えながらビラを配布。「高校生が興味を示して一生懸命説明を聞いてくれた」と参加者から感想がありました。中年の男性は「出演者がすごいですね。事件にも興味を持っています。仕事の都合つけばぜひ参加したい」。横須賀から来たという女性は「うちの方でも上映してくれますかね。テレビでの放映はないですか?」。いつになく反響が大きかった「いっせい行動」でした。

(広島県・国民救援会呉支部  堀越和行)

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional