えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

福井・女子中学生殺人事件 再審開始求め第14次要請行動

福井・女子中学生殺人事件

再審開始求め第14次要請行動        名古屋高裁金沢支部へ20名が参加

 3月8日、福井女子中学生殺人事件の一日も早い再審開始を求めて名古屋高裁金沢支部へ第14次の要請行動が行われました。要請行動には、福井、石川、富山、三重県などから20名が参加しました。連絡会から瑞慶覧事務局長が参加しました。

 要請では、五十嵐国民救援会福井県本部事務局長から全国から寄せられた署名1889名分を提出し、累計で22,139名、237団体です。要請では、前川彰司さん父親の禮三さんは「一審は完全な無罪判決でした。この事件で息子が逮捕されたことで家庭は滅茶苦茶にされ、彰司の母親も息子の汚名を晴らすことが出来ずに亡くなりました。無念であり本当に腹立しい」と、訴えました。参加者からは、「一月に行われた法医学者の証人調べによって、前川さんの無実が一層明らかになった」と、一刻も早い再審開始決定を強く求めました。
 また、前日の3月7日、弁護団は最終意見書を裁判所に提出しました。すでに2月末に検察も意見書を提出しており、再審請求審は大詰めを迎えました。全国から再審開始を求める署名やハガキを裁判所に集中することが必要です。全国で集約した署名用紙を福井県本部に集中しましょう。

 次回の裁判所要請は、4月26日(火)午後1時からに行います。

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional