えん罪事件の真相を広め、裁判支援、在獄者の処遇改善運動をすすめています

7.17 無罪判決をめざす緊急集会

 今市事件  東京高裁 8月3日に判決!

 7.17無罪判決をめざす緊急集会

 日 時 7月17日(火)18時30分 開会 20時30分閉会予定
 会 場 東京・文京区民センター 2A会議室
     ※地下鉄「春日駅」すぐ、「後楽園駅」徒歩6分

 ■弁護団報告 今村核弁護士 「東京高裁の審理で明らかになった事実」
 ■勝又拓哉さんの家族の訴え、連帯のあいさつ

 2005年に女児を殺害したとして、勝又拓哉さんが殺人罪に問われている栃木・今市事件の控訴審・東京高裁判決が8月3日に言い渡されます。
 一審の宇都宮地裁(裁判員裁判)判決は、状況証拠だけでは勝又さんとは断定できないとしながら、状況証拠と「自白」を合わせれば犯人と認定できると、勝又さんに無期懲役を言い渡しました。判決後の記者会見で、裁判員が「犯行を自白した録音・録画がなければ判断できなかった」と、自白に頼って判断したとことを明らかにしました。取り調べの一部可視化によって作られた冤罪事件として、国会でも取り上げられました。
 東京高裁の審理では、自白と客観的事実との矛盾が法医学者の鑑定や証言等で明らかにされました。にもかかわらず、検察は犯行の日時・場所を大幅に広げる訴因の変更を申立てて有罪を維持しようとしています。東京高裁(藤井敏明裁判長)は検察の訴因の変更の申立を認めました。
いま必要なのは、東京高裁での審理によて明らかになった事実に基づいて、公正な判決がだされるようにすることです。東京高裁での逆転無罪判決を勝ちとるために、緊急集会を開催します。
ぜひ多くのみなさんのご参加をお願いします。

 会場までの地図

map.png

 主催 えん罪今市事件・勝又拓哉さんを守る会、日本国民救援会

   
【連絡先】 〒113-8463  文京区湯島2-4-4平和と労働センター5階
            日本国民救援会 電話03-5842-5842 

powered by Quick Homepage Maker 4.16
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional